ブログ

このブログでは、院長からスタッフが、それぞれ日々の診療で感じたことや勉強会参加のこと、
そしてこの街で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

マイクロスコープ導入!!

2018.12.01

こんにちわ!
スマイルプラン 山本歯科クリニック 香里園 院長の山本です。

あっという間にもう12月ですね。
当院ではこのたびマイクロスコープを導入致しました!!
 
s_PB010110
皆さんマイクロスコープとは何かご存知でしょうか?
マイクロスコープとは手術用の顕微鏡のことです。対象物を24倍まで拡大して診ることができるため、より精密な治療を行うことが可能となり、治療の質が格段に向上されます。
 眼科や心臓外科、脳神経外科などでも使われており、日本の歯科医院での普及率はまだ数パーセントですが、アメリカでは1998年に歯の根管治療の専門医はマイクロスコープを使うことが義務付けられているほど歯科治療にとって重要な機材です。
 マイクロスコープによる治療は虫歯治療、根管治療(歯の神経の治療)、歯周病治療など様々な分野に応用できます。

ここで具体的に少しご説明したいと思います。

☆虫歯治療について
初期の虫歯は肉眼では確認できないこともあります。マイクロスコープを使用することで明るい光の中で、拡大して確認できるため虫歯の早期発見につながります。
 治療する際にも患部を拡大して治療を行うことによって、必要最小限で虫歯を削り取ることができ、正確で低侵襲な治療を行うことができます。
また、削った部分に詰め物をする際に、歯と詰め物のギャップ(段差や隙間)が原因となり二次カリエス(治療した歯に再度できる虫歯)となります。拡大視野で治療することにより、肉眼では見ることのできなかったギャップを見逃すことなく、精密に詰めることが可能となります。

☆根管治療(歯の神経の治療)
 最もマイクロスコープを必要とする治療が根管治療です。根管は狭く、非常に複雑な形態をしている為、肉眼でそれを見ることは出来ません。従来はレントゲンのもとで経験と勘を頼りに手指の感覚で治療を行なっていました。それにより感染源が残り、再治療の原因となルことが多くありました。マイクロスコープを使用することで、根管をライトで明るく照らし、拡大・明示することができ感染源の見落としが減り、より精密に治療することが可能となり治療成績が飛躍的に向上します。

☆歯周病治療
 歯周病は歯の周りに細菌が感染し歯石が付着することにより進行していきます。この歯石を除去することが歯周病の治療には大切なことです。マイクロスコープを使用することで器具を的確に挿入することが出来るだけではなく、肉眼では発見できない歯石を発見することができます。
また、歯周外科を行う際にも有効です。再生療法ではいかに感染源を取り除くかが成功率につながります。マイクロスコープを使用すると感染源の取り残しを限りなくなくすことが可能となり成功へとつながります。
使用するメスや縫合糸も細いものが使用でき、治りも早く傷跡も残りにくい手術が可能となります。

☆審美治療
 審美治療には美しさだけではなく、精度も必要になります。被せ物と歯と歯肉の調和によりより美しい治療が可能となります。歯の形成(被せ物をするために歯の形態を整える)、
型取り、被せ物を装着する際には、数十μの精度が必要です。マイクロスコープはそれを可能とし、より美しい審美修復をすることができます。

マイクロスコープはより精密でより低侵襲な治療が可能となります。その為、治療の予後、成功率・審美性は格段に良くなります。
 しかし通常の治療と比べ必要な処置が多くなる為、時間がかかることとなります。また保険診療で使用できる範囲は限られている為、多くは自費での治療となります。
治療に関してご質問がありましたらいつでもご相談ください。

寝屋川市田井西町19-17プランドール1F
スマイルプラン 山本歯科クリニック 香里園

一覧へ